カランメソッドとDMEメソッドの違いを比較

スポンサーリンク
カランメソッド

カランメゾットと dme メソッドの違いがよく分からないんだけど、どっちがおすすめなの?

 

オンライン英会話であれば断然カランメソッドの方が有名ですが、 DME メソッドの方が好きだという人もそれなりにいますね。

 

ここではカランメソッドと dme メソッドの違いを比較して、そんな悩みを解決します。

 

カランメソッドと DMEメソッドの違いを比較

 

大雑把に言ってしまえば、 カランメソッドもDMEメソッドも同じです。

 

DMEメソッドはカランメソッドの進化版だと言われていますが、基本的に カランメソッドをベースに改良しているだけなので、教材の文章が違うだけでそれほどの違いはありません。

 

それでは、それぞれの違いを比較してみましょう。

 

カランメソッドの方が厳しい

 

カランメソッドとDMEメソッドのどちらが厳しいかといえば、カランメソッドの方が断然厳しいですね。

 

DMEメソッドの方はどちらかといえばお客様よりに調整して対応してくれますが、カランメソッドはカランが定めたルールを徹底して守らないといけません。

 

ですので、本当に超初心者の人にはDMEメソッドの方がやりやすいですね。

 

しかし、学習効率だけで言えば、徹底的に無駄を省いてデザインされているカランメソッドの方が効果は高いと言えるでしょう。

 

できれば楽しく授業が受けたいか、多少厳しくてもいいので少しでも効率良く学習がしたいかで選べば良いでしょう。

 

DMEメソッドの方が文法が多い

 

カランメソッドに比べればDMEメソッドの方がより初心者が学びやすいように文法を学ぶパートが多く含まれています。

 

ただ、 この部分については、はっきり言って進化ではなく劣化だと言えます。

 

なぜかといえば、会話の練習をするための時間に文法の学習をするということは 時間の無駄でしかありません。

 

また、文法はわざわざ英語で学習するよりも日本語で学習した方が圧倒的に学習効率は良いので、会話の時間を潰してまで文法の学習をする必要はありませんね。

 

もちろんからメソッドにも、不要な文法パートはそれなりにあるので、どちらもそう大きな差はありません。

 

ただし、DMEメソッドの場合はルールがゆるいですので、頼めば文法パートをスキップしてくれますが、カランメソッドはスキップ禁止なので必ずする必要があります。

 

教材に使われている英語の新しさはどちらも似たようなもの

 

カランメソッドも、DMEメソッドも最後に作られたバージョンは両方とも2012年ですのでどちらも内容の新しさは似たようなものです。

 

DMEメソッドについては、3年ほどでデータを更新すると言っていましたがいつまでたっても変わりません。

 

どちらもそこに手をかけられるほど 儲けは出ていないのかも知れないですね。

 

特にカランメソッドは公式認定校が少しずつ増えていますが、DMEメソッドについては未だにイングリッシュベルだけですので、どちらかといえば市場はカランメソッドを選んでいるのでしょう。

 

DMEメソッドは生徒が質問するパートがある

 

カランメソッドは先生が一方的に質問するだけで生徒が先生に質問するパートはありません。

 

しかし DMEメソッドは、 一方的な会話は不自然だということで生徒が先生に質問をするパートがあります。

 

これはカランメソッドよりDMEの方が進化した部分だと言っていいでしょう。

 

先生と生徒が役割を入れ替えることで、文章も変わりますので効率的に学習することができますね。

 

ただし、そのぶんだけカランメソッドより学習時間が必要になることも確かです。

 

カランメソッドには学習用アプリがある

 

かなり大きなポイントと言えますが、カランメソッドには自己学習用の公式アプリがあります。

 

イギリス人ネイティブが録音した音声をスマホアプリに入れて、予習復習に使うことができるので非常に効果は高いです。

 

DMEメソッドにも CD の音声データはありますが、最初からスマホアプリとして使えるカランメソッドの方がポイントは高いですね。

 

しかも、教科書もスマホアプリにeBookとしてインストールできるので、利便性では圧倒的にカランメソッドの勝ちと言えるでしょう。

 

まとめ

 

どちらも一長一短がありますが、簡単に言えば「ゆるめに楽しく学習をしたい人はDMEメソッド」「緊張感のある中で学習をしたい人はカランメソッド」そう考えていいと思います。

 

ただ、カランメソッドがやたらと厳しいような書き方をしていますが、どのオンラインスクールで受けてもフィリピン人の先生達はめちゃくちゃ優しいですので、授業は大変でも厳しくて辛いというようなことはないので安心してください。

 

もちろん中にはむやみにプレッシャーをかけてくる先生もいるので、 その辺りは好き嫌いで選べば良いでしょう。

 

DMEメソッドについてもう少し詳しく。

コメント