カランメソッドに文法は必要?ステージ毎のレベルの違い

スポンサーリンク
カランメソッドに文法は必要?ステージ毎のレベルの違い カランメソッド

英語の文法が嫌いで全然勉強してないんですけどからメソッドって受けて大丈夫ですか?

 

英語なんて高校以来勉強してないんだけどできるのかなぁ?

 

ここでは、こういった悩みを解決します。

 

●結論

・難しい文法は必要。ただし、レベルにあった文法学習は必要。

・なんとなく中学3年間の文法がわかれば簡単な英会話には十分

私は、中学1年から2年程度の英文法力でカランメソッドを始めて、ステージ4くらいからついていくのが厳しくなって、ステージ4を終わらせるのに結構手間取りました。

 

さらに、当時はステージ5まで試しましたが、全くついていけずステージ5で完全に挫折しましたね。

 

しかし、今では初心者にとって必要な学習はステージ4までなので、中学レベルで理解できないような難しい文法は必要ないと言い切れます。

カランメソッドに英文法は必要?

カランメソッドに英文法は必要?

 

私も英語の学習を始めた頃は英語の文法が大嫌いだったので、とにかく文法を学習しなくても頑張れば伸びるだろうという感じでやっていました。

 

しかし、今考えればやはり効率は悪いですよね。

 

文章の構造を理解して学習するのと、何も知らずに学習するのとでは習得率に大幅な違いが出てしまいます。

 

と言っても、知っておかないといけないのは中学三年間の文法程度で、高校文法や大学入試レベルのような文法をを完璧に理解している必要は全くありません。

 

カランメソッドでは最低限、明日自分が行う予定のパートの内容ぐらいは常に理解しておく程度で全然大丈夫です。

 

ただ、どれだけ学生時代に英語の勉強なんてしていないという人でも、日本人は中学1年から中学2年程度の英文法力が備わっています。

 

それだけでも、カランメソッドのステージ2位までは問題無く学習できますので、気負う必要は全くありませんね。

 

ステージ1とステージ2を繰り返して練習するだけでも、かなり英語は理解できるようになりますよ。

 

いつも私のブログ内では説明していますが、カランメソッドはステージ1からステージ4の中学文法で構成されている部分だけ学習すれば初心者には十分です。

 

カランメソッドの各ステージのレベル

 

カランメソッドの各ステージのレベルはおおまかにこのようになっています。

 

●CEFR(言語能力を評価する国際指標)

ステージ1  A1
ステージ2  A1
ステージ3  A2(KET)買い物など単純なやり取りができる
ステージ4  B1(PET)簡単な日常会話なら可能
ステージ5  B2(FCE)緊張せずに自然なやりとりができる
ステージ6  B2(FCE)
ステージ7  B2(FCE)
ステージ8  C1(CAE)社会生活において適切な会話ができる
ステージ9  C1(CAE)
ステージ10 C1(CAE)
ステージ11 C1(CAE)
ステージ12 C2(CPE)全てを理解し流暢に話すことができる

 

カランメソッドは80時間の学習でステージ4(B1:PET)までたどり着けるとカランスクールで実証されています。

 

ステージ5から初心者には一気に難しくなりますので、簡単な日常英会話が目的ならステージを進めるよりも、ステージ1からステージ4が重要ということです。

 

文法を理解すれば文章が作れるようになる

 

例えば、英語の文法が理解できていれば一つの構文から100個、200個の文章を作ることができます。

 

しかし、文法を理解していなければ文章を作ることはできませんので、丸覚えで覚えた文章しか使うことができません。

 

この場合、100個の文章を話したい時に100個の文章を覚えないといけない必要がありますので、際限なく記憶との勝負になってしまうので現実的ではありませんね。

 

文法は数学の公式と同じようなものですので、公式を知っていれば何でも解答が導き出せるようになります。

 

例えば「Will you + 動詞 +人・モノ」という構文があります。

 

Will you call me tonight?
(今夜電話してもらえますか?)
Will you run the water?
(水を出してもらえますか?)
Will you start the engine?
(エンジンをスタートしてもらえますか?)
Will you tell me later?
(後で教えてくれますか?)
Will you quit a job?
(仕事を辞めるつもりですか?)

 

これらのように英語の公式に当てはめて行けば、 いくつでも文章を作ることができます。

 

しかし、理解せずに感覚で学習を続けていくとすぐに壁にぶち当たりますので、最低限の英文法はどうしても必要になりますね。

 

もちろん、初心者を卒業して簡単な日常英会話が話せる様になった後は、またそれから先のレベルに行くためにもう少し勉強しないといけなくなります。

 

まとめ

 

初心者がカランメソッドをするのに難しい文法は本当に全く必要ありません。

 

ですが、最低限中学1年生から中学3年生の英文法は何となくでもいいので身につけた方が良いでしょう。

 

ゆくゆくそれ以上の文法が必要かどうかは、まずは簡単な日常英会話とある程度聞けるようになってから考えればオッケーです。

 

カランメソッドでおすすめのオンライン英会話厳選4校
カランメソッドを提供しているオンライン英会話の中には、カランメソッドの正式認定校と非認定校の二つがあります。カランメソッドの正式な教材と自己学習用アプリは正式認定校でないと利用することができません。ただし、人によっては非認定校のやり方の方が好きだという方もいますので、どちらが良いかは体験して決めると良いでしょう。

コメント