カランメソッドは1/4のスピードで英語が身につくってホント?

スポンサーリンク
カランメソッドは1/4のスピードで英語が身につく カランメソッド

カランメソッドは1/4のスピードで英語が身に作って宣伝してるけどそれって本当なの?

よくある1日5分で身につく英会話とか、嘘くさい学習法とと同じじゃないんですか?

 

カランメソッドが本当に一般の学習法と比べて1/4のスピードで英語が身につくかどうかで言えば、本当に身につくと言って良いでしょう。

 

 

ただし、あくまでこれから英語を始める初心者限定ならということになります。

 

もちろん、初中級者レベルでもカランメソットが実際に1/4のスピードで英語が身に付きますが、それは「頑張りによってできる可能性がある」と言う感じです。

 

それでは、初心者がカランメソッドを利用すれば英語力が1/4のスピードで身につくことについて深掘りしてみましょう。

 

カランメソッドは1/4のスピードで英語が身につく

 

カランメソッドが、従来の学習方法と比べてなぜ1/4のスピードで英語が身につくと言われているかといえば、過去に実験を行ったことがあるからです。

 

語学では世界的に有名なケンブリッジが定めるケンブリッジ英語検定試験(PET)のレベルになるまで一般的な学習方法では350時間程度必要とされています。

 

このテストを受講するのにある実験が行われました。

 

・カランメソッドで学習をしたチーム
・従来の学習方法で学習をしたチーム

 

その二つのチームに分けて実験したところ、カランメソッドで学習したチームが従来350時間掛かる試験に、80時間で合格したという結果が実証されています。

 

ケンブリッジ英語検定試験(PET)というのは、TOEIC で言えば約600点前後ですので、英語力としては最低限の日常英会話はできるというレベルですね。

 

確かに、 TOEIC が200点台~300点台の初心者が TOEIC で600点を取ろうと思うと、200時間から300時間の学習は必要です。

 

こういった実験から、初心者であれば従来の学習方法よりもカランメソッドの方が早く身につくと言えるでしょう。

 

従来の学習方法の大部分はフリートークという無駄

 

一般的に提供されている英会話の授業と言うのは、役に立たない日常英会話の練習ばかりですし、その大半はフリートークという名の無駄な授業ばかりです。

 

反復練習のない無駄なフリートークを永遠に続けていても学習にならないので英語は話せるようになりません。

 

フリートークの授業が先に進むのは生徒の英会話力が高いからではなく、先生が話し上手だったり、ほとんど先生が話しているからです。

 

また、そういった授業はその時だけ楽しければいい授業がほとんどで、 後からその授業の復習をしようと思っても何も復習することがなかったなんてことも少なくありませんね。

 

その点、カランメソッドであればレッスンを受けているだけで強制的に会話の練習とリスニングの練習をさせられますので、1/4のスピードで身につくといっても言い過ぎではないと思います。

 

英語を少しでも早く話せるようになりたいのであればとにかく練習です。

 

カランメソッドは、面白くないは関係なしに生徒が必ず話す練習をしなければいけません。

 

しっかりと教材を利用しているので、できなかった部分を何度も復習することができるのも良い点と言えるでしょう。

 

単純に考えて一コマ25分のオンライン英会話で先生と50%50%の時間を会話に使うカランメソッド。

 

先生が話すのを聞いているのがほとんどの授業。

 

この2つを比べればカランメソッドの方が早く英語を話す力がつくことは間違いないでしょう。

 

カランメソッドはTOEIC600以上でも効果がある

カランメソッドはTOEIC600以上でも効果がある

 

では、カランメソッドを受けようとする時点で既に TOEIC が600程度ある人には意味がないのかといえばそうではありません。

 

正直に言って TOEIC 600の人がどれだけカランメソッドを続けても、そこから上がる TOEIC のスコアは100点から150点がいいところでしょう。

 

ただし、カランメソッドの重要なポイントは TOEIC にあるわけではないですし、あくまでTOEICは副次的な効果でしかありません。

 

TOEIC 600程度で少し英語が話せる程度だとしても、自信を持って「私は英語を話せます」などということは無いですよね。

 

TOEIC600程度であれば、まだまだカランメソッドでスムーズに話すための基礎練習は必要です。

 

この基礎のトレーニングをしない人は将来間違いなく行き詰まります。

 

また、このレベルからはカランメソッドを併用して、 スムーズに話せるようになるためのライティング学習も始めた方がいいでしょう。

 

英会話と言うとスピーキングばかりに目を向けてしまいがちですが、ほとんどの日本人が立ち止まる初中級レベルから上に進んで行くには、頭で思ったことを英語にできるライティング力も重要になりますね。

 

このくらいのレベルの人はカランメソッドのステージ4位から始めて、ステージ7~ステージ8ぐらいまで練習すれば十分です。

 

結論

 

カランメソッドで1/4のスピードとは言わなくても、学習時間を短縮することは間違いなくできます。

 

しかし、初心者の人が普通にカランメソッドで学習していても、効率は良くありません。

 

初心者には初心者向けのカランメソッドの使い方がありますので、その方法についてはこちらの記事をご参考にどうぞ。

 

初心者でも効果がある正しいカランメソッドの学習法
カランメソッドラボにたどり着いたということは、少なくても英語が話せるようになりたい人でしょう。 カランメソッドは英会話に効果があるって本当? カランメソッドは難しいって評判だから初心者には難しいんじゃないんですか?ここでは、そんな悩みを解決するためにカランメソッドでの初心者向け学習方法をご紹介します。

 

カランメソッドでおすすめのオンライン英会話厳選4校
カランメソッドを提供しているオンライン英会話の中には、カランメソッドの正式認定校と非認定校の二つがあります。カランメソッドの正式な教材と自己学習用アプリは正式認定校でないと利用することができません。ただし、人によっては非認定校のやり方の方が好きだという方もいますので、どちらが良いかは体験して決めると良いでしょう。

コメント