カランメソッドで TOEIC のスコアは上がるの?オマケで上がる

スポンサーリンク
カランメソッドで TOEIC のスコアは上がるの カランメソッド

 

カランメソッドって、TOEICのスコアも上がりますか?

 

カランメソッドをすればリスニング力が上がるって聞いたんだけど、TOEICのリスニングスコアもUPするのかなぁ?

 

せっかくカランメソッドで練習するのであれば TOEIC のスコアもついでに上がると嬉しいですよね。

 

結論から言えば、カランメソッドで頑張れば TOEIC のスコアはオマケで上がります。

 

ただし、スコアが上がる条件がありますので、なぜカランメソッドで TOEIC のスコアが上がるのかについて、その理由を掘り下げてみましょう。

 

カランメソッドで TOEIC のスコアは上がる

カランメソッドでTOEICのスコアも取れる

 

カランメソッドで TOEIC のスコアは上がります。

 

しかし、カランメソッドをどれだけ頑張っても上がるのは650点くらいまでです。

 

ですので、カランメソッドを始める段階で550点や600点持っている人が、カランメソッドによってTOEIC のスコアが上がることはそれほど期待しない方がいいです。

 

反対に始める段階で300点台ぐらいの初心者であれば、カランメソッドを頑張るだけで300点ぐらいはスコアアップが見込めます。

 

カランメソッドの教科書のレベルは、ステージ1からステージ4までが中学3年間レベル程度の内容になっていて、TOEICも中学3年間レベルをしっかりと身につければ500点~600点は取ることができますね。

 

一応、会話目的なら関係ありませんが、TOEICを目的とするのであればステージ5~ステージ6もやっておけばより確実です。

 

カランメソッドをすればリスニング力が早く伸びる

カランメソッドをすればリスニング力が早く伸びる

ただし、カランメソッドでスコアアップした場合、リーディングパートのスコアはあまり伸びず、まず間違いなくリスニング力ばかりが伸びます。

 

例えば、カランメソッドをメインに学習してTOEICで600点をを取れたとすると、「リーディング250点」「リスニング350点」というように確実にバランスの悪い上がり方をします。

 

特に英語のリスニングが早く伸びる理由は下記の様なことが影響します。

 

・レッスン中に先生の声を集中聞いていること
・正しい音で自分でも口に出して英語を話していること
・予習や復習で音源から音を聞いていること

 

このようなことを繰り返している間にTOEIC レベルのリスニングであれば勝手に伸びますので、全ての要素が含まれているカランメソッドをしていれば自然とリスニングは伸びて行きますね。

 

カランメソッドで TOEIC のリーディングスコアが上がらない理由

カランメソッドで TOEIC のリーディングスコアが上がらない理由

 

カランメソッドで TOEIC のリーディングスコアが上がらない理由として、 TOEIC のリーディングスコアを上げるには TOEIC の学習を向けの学習をしなければいけないからです。

 

TOEIC リーディングスコアは250点からギリギリ300点までは中学文法をしっかりと身につけていればとることができますが、それ以上のスコアを取るには TOEIC 用の学習をしないといけません。

 

TOEIC向けの単語学習、文法対策、練習問題の数をこなすというような 学習をしないとリーディングのスコアはなかなか上がりませんね。

 

たとえカランメソッドのステージ5からステージ12までをしっかりやり込んだとしても、 TOEIC のスコアアップにはほとんど関係しませんので、TOEIC目的ならしない方がいいですよ。

 

IELTS や TOEFLも同じく伸びない

 

では、 IELTSやTOEFL だったら伸びるのかといえば、同じく初期段階ではカランメソッドは非常に役立ちますが、初心者レベルを超えて来るとTOEICよりも早く関係がなくなってきます。

 

たまに、スピーキングでカランメソッドが非常に役に立ったという人はいるんですが、そういった人は当たり前のようにカランメソッド以外の学習もしている人達ですね。

 

カランメソッドだけをやって、試験対策になったという人には少なくても私は会ったことがありません。

 

まとめ

 

当たり前ですが、TOEICを目的にするのであればTOEIC用の学習をして、スコアアップだけに集中した方が遥かに効率が良いですね。

 

あくまで「副次的な効果でTOEICが上がれば良い」という考えであれば良いですが、基本的には初級者以外は期待しない方が良いでしょう。

 

また、ついでにお話すれば、日常生活でのネイティブレベルのスピードはカランメソッドや TOEICのリスニング練習をしても聞こえるようにはなりません。

 

ネイティブレベルを聞けるようになるのは、最低でも中上級者になってからですので、これからカランメソッドの学習を始めるレベルの人やTOEICを目的にする人は気にしなくていいですね。

 

カランメソッドでおすすめのオンライン英会話厳選4校
カランメソッドを提供しているオンライン英会話の中には、カランメソッドの正式認定校と非認定校の二つがあります。カランメソッドの正式な教材と自己学習用アプリは正式認定校でないと利用することができません。ただし、人によっては非認定校のやり方の方が好きだという方もいますので、どちらが良いかは体験して決めると良いでしょう。

コメント