秋篠宮佳子さまの英語がヤバイ?イギリス留学で英語を身に着けた?

スポンサーリンク
秋篠宮佳子さまの英語がヤバイ?イギリス留学で英語を身に着けた? 英語が話せる有名人

 

佳子さまって公務で英語のスピーチをしたそうだけど、英語話せたんだ。

 

佳子さまは人気があるからネットが佳子さまの英語がヤバイって噂になってたね。

 

秋篠宮佳子様はこれまでの皇室にはいないタイプの女性で、若い人にも男女関わらず人気ですね。

 

今回は、佳子さまの英語力についてチェックしてみましょう。

 

秋篠宮佳子さまの英語がヤバイ?

 

佳子さまが英語でスピーチをしたのは2018年9月に行われた国際情報オリンピックという高校生がプログラミング技術を競う大会です。

 

日本で開催されている大会ですので、別に日本語でも良いと思うのですが、国際大会で海外からの参加も多いため全文英語でのスピーチを選択したようです。

 

反対に、日本人の学生が分からなかったかも知れませんね。

 

まずは、佳子さまの英語スピーチを見てみましょう。

I hope that this IOI sill be a fruitful occasion for all of you and that contestants will continue to be active in the area of informatics and will make a good contribution to future society. Thank you very much.

 

とても簡単で分かりやすい内容ですが、もちろんスピーチのプロの人が作ったのでしょうね。

 

佳子さまの英語も、英語のスピーチのレベルとしては十分伝わるレベルだと言えるでしょう。

 

もちろん、完全な日本人英語ですし、ネイティブにはほど遠いですが、フレーズごとにしっかりと話しているので理解出来ない人はいないでしょう。

 

音の繋がりやアクセントが弱いのは仕方ありませんが、原稿を読んでいるとは言っても、大量のカメラがあって、大勢の人の前で詰まらずスムーズに読めるというのはやはり大物です。

 

50words程度の短い文章ですが、十分な余裕があるのでかなり練習したんでしょうね。

 

佳子さまはイギリスに留学して遊んでいた?

 

学習院の校風がどうしても合わずに中退して、入学したICU(国際基督教大学)に通っていた佳子さまは2017年から2018年にかけての10ヶ月間イギリスのリーズ大学(University of leeds)へ留学していました。

 

リーズ大学は世界大学トップ100に入る超有名大学ですので、皇族だから留学できたという話はなく、佳子さまの場合は書類選考から面接試験までしっかり受けて留学することができたそうです。

 

マスコミでは「英語のレベルが低いから無理」だとか「そりゃダメでも通るだろ」という意見が大半だったようですが、何から何まで疑ってもしょうがないですからね。

 

ただ、リーズ大学に留学するために公務を控えながら家庭教師を雇って英語の学習をするなど、相当の努力をされたというのは本当のようです。

 

また、リーズ大学では皇族だからと特別扱いは無く、留学中も毎日大量の宿題が出されていたので遊んでいる暇なんて無かったようですね。

 

もちろん、留学中は勉強だけでなく友人と旅行にも出かけていたとのことです。

 

その他にも、19歳の時にアメリカのボストンへ1ヶ月程留学経験もありますので、やはり早くから英語は必要だと感じていたのでしょう。

 

国際基督教大学での佳子さまの英語力

 

ICUは語学教育でも有名な学校ですので、全体の授業の3割程度は完全英語で行われているそうです。

 

そのICUには「リベラルアーツ英語プログラム(ELA)という4段階のレベル分けがあり、その中で佳子さまは上から3番目のレベルだったそうです。

 

言い換えれば下から2番目ですが、1番と2番は帰国子女クラスの英語力ばかりなようですので、一般的な英語力としては上々と言えるようですね。

 


画像:ICUホームページ

 

佳子さまが在籍していたStream3のTOEFL450~550がどれ位のレベルかと言えば、英検2級から準1級といったところです。

 

ただ、英検2級はTOEIC600点程度でも取れますが、準一級になると急激に難しくなりますので、一概に同じレベルとは言えません。

 

TOEIC900でもスピーキングが出来ずに英検準1級に通らない人なんてざらにいますからね。

 

少なくてもStream3に在籍した佳子さまの英語力は一般的な日本人の英語学習者の中の中程度はあると言えるでしょう。

 

佳子さまの場合は、留学で英語が身についたというよりも、やはりICUで学習していたり、家庭教師から英語を学んでいるということの方が大きいでしょうね。

 

まだまだ若いですので英語の方も、まだまだ伸びるでしょう。

 

秋篠宮家も眞子さまと小室さんの件でバタバタとしていますが、あくまで「本人の希望を叶えてあげたい」と、皇族という立場よりも本人の幸せを願う佳子さまは、まだまだ人気上昇中です。

コメント